頭痛でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい

医療法人松若会TFメディカル 嶋北内科脳神経外科クリニック

乳腺外来日本乳癌学会 乳腺認定医

乳がんのお話

現在、日本人女性における「がん」の部位別羅患数(どの臓器のがんになることが多いか調べたもの)は、乳がんが第一位であることをご存知でしょうか?
毎年約7万人以上が乳がんと診断され、生涯に乳がんを患う日本人女性は、現在11人に1人と言われています。

また、乳がんの多い年代にも特徴があり、30代後半から徐々に増え始め、40代後半から50代前半にピークを迎えます。この年代はお仕事や子育てなど、何かと忙しい年代であると思われます。

この年代に限ったことではありませんが「乳がんになることを予防する」ことは難しいことと思われますが、「乳がんを早期に見つけて適切な治療を受ける」ことが非常に大切であると考えています。

「(しこりのある)場所が場所だから恥ずかしい」・「まだそんな年齢ではないから」 ということで受診をためらわず、しこりが触れる・痛みがある・下着が汚れるなど、ご自身の乳房で心配なことがあれば、一度受診することをお勧めします。

乳房超音波検査を実施しています

乳腺の発達や密度の程度は個人差が大きく、一般的には年齢を重ねるごとに乳腺は脂肪に置き換わり、乳腺の密度は小さくなっていきます。

現在、乳がん検診において死亡率の低減効果が証明されている検査はマンモグラフィー(乳房のレントゲン検査)のみですが、発達し密度の大きい乳腺は、マンモグラフィーによる腫瘍の検出感度が低下することが知られています。

超音波検査では、乳腺の密度に関わらず乳房全体を観察することが可能です。 また、マンモグラフィーでの痛みや被爆はありません。

医療法人 松若会 TFメディカル
嶋北 内科・脳神経外科クリニック

023-665-0101